読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

山菜そば

ツイッターで書ききれなかったこと




どうも、お久しぶりです。



せっかくなのでアフィリア王国のお話をしようと思います。



多くの先輩が一度は耳にしたことがある「ブリーリアの森」について私が覚えている範囲で説明します。



正直かなり怪しいところがあるのでグランドロッジで確かめてください!!



グランドロッジにはアフィリア王国について書かれたファイルがあって先輩たちも気軽に読めるので!!




ブリーリアの森とは



アフィリア王国の北西に位置する広大な迷いの森。

森の奥にはゴブリンやトロールなど人に危害を加えるモンスターたちが生息している為、王国ではこの森への立ち入りを禁止している。


この森が「ブリーリアの森」と呼ばれるようになったのはある悲しい伝説に由来しているのだ。


王国が長い戦争をしていた時代、当時のアフィリア王国の第一王女ブリーリア姫が悪い魔法使いに迷いの森(今のブリーリアの森)に連れさらわれてしまった。


誰も助けに行くことができず、ブリーリア姫はたった一人、森の中を彷徨い続け、二度と出ることはできなかったと言われている。



それ以来、迷いの森はブリーリア姫の鎮魂を願い「ブリーリアの森」と呼ばれるようになったのだ。